gagaku.biz

雅楽・伎楽の写真blog

平城京遷都1300年祭

10/31雅楽翠篁会第八回演奏会 「第二回舞楽会」


10月31日 なら100年会館にて、遷都1300年祭記念雅楽翠篁会第八回演奏会 「第二回舞楽会(ぶがくえ)」を撮影してきました。

今回は舞楽会ということで、宮本卯之助商店の大太鼓をレンタル。
100年会館の大ホールの舞台は客席側に飛び出しているので、大太鼓を入れると、すごく綺麗な舞台になりました。
ちなみに第一回舞楽会は五年前。

DSC_1347
まずは 清めの意味で 「振鉾三節」 
左方は 当会会長の東儀俊美先生、 右方は 賛助出演
宮内庁元主席楽長 豊 英秋先生と超一流です。

DSC_5627

次に左舞「迦陵頻」 
こちらは 今年から 子ども達が練習しての初舞台。
演奏も翠篁会の雅楽教室生「遊雅」による演奏。

なんといっても 大太鼓の地響きのような音と、その大太鼓をバックに子ども達が飛ぶ姿は絵になりますね!!

DSC_1390
次に 「迦陵頻」 のつがい舞 右方「胡蝶」

こちらも「遊雅」の演奏

DSC_1408
つづいて 左舞「万歳楽」 
こちらから ベストメンバーによる演奏です。
7曲もの舞楽の演奏を暗譜なので、けっこう大変だったようですね。

DSC_1431
次の演奏は 「万歳楽」 のつがい舞 右舞「延喜楽」
ここで 15分の休憩。やる方も大変ですが、見る方も 長丁場で大変!?


DSC_1497
まずは走り舞 左舞「散手」

DSC_1526

そしてそのつがい舞 右舞「貴徳」 
舞人は
宮内庁元主席楽長 豊  英秋先生
さすが 優雅に舞われます。
今度の11/4 伊東でも 貴徳を舞われるそうです。

DSC_1571

最後は 東儀俊美会長の神楽「早韓神」
純和風な 神楽に 大太鼓がちょっと不釣り合いですが、それでも東儀俊美先生の優雅な舞いはすばらしかった。
先生の舞っている時の目の真剣さ すごいです。
81歳の高齢のため もしかすると もう舞っている姿は見られないかと思うと、感慨深いものがあります。

そして長慶子 左右の大太鼓が両方 打ち鳴らす 響きが良いですね。


ほんと良い演奏会でした。

全国雅楽フェスティバル

24日 猛暑の中 平城京へ全国雅楽フェスティバルを見に行ってきました。
まほろばステージは 半分オープンな会場で、エアコンもない。舞楽の舞人には厳しい環境です。


DSC_0922

オープニングは 天理大学雅楽部の太平楽。
綺麗で勇壮な舞ですが、舞っている本人達は 大変でしょうね。

DSC_9653

多度雅楽会の子ども達の迦陵頻

DSC_1240

原笙会の柳花苑 一番華やかでした。

DSC_9695

唯一 海外からの参加のハワイ大学雅楽部の落蹲

DSC_9702

締めは南都楽所の蘭陵王 

みんな 汗だくになりながら、すばらしい演奏を披露されていました。
Twitter
記事検索
livedoor プロフィール
facebook
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ