gagaku.biz

雅楽・伎楽の写真blog

演奏会報告

12/17 春日若宮おん祭り

12月17日 毎年恒例になっている 春日若宮おん祭りへ行ってきました。

今年で 875回目の 文化財指定古典芸能で すばらしい神事です。

お渡り式には1千人の大行列があったそうな 朝日新聞
関西電力の社長とかも 装束を着て 参加したそうです。 電気新聞

とくに 御旅所祭が お目当ての 舞楽を やってくれます。

15時くらいより 巫女舞がまわれていますが、一般の見学者は 御旅所には入れません。
16時頃 ようやく おん祭り保存会の会員は席を用意されています。
それ以外は 入り口のところで 立ちんぼ。 最後まで見るには結構辛いです。
保存会は 3000円なので、来年行かれる方は 入会された方がいいでしょう。

DSC_0378

童子が東遊 「駿河舞」と「求子舞」の二曲を舞う。

DSC_0380

おん祭り 当初から 舞われていた 田楽

DSC_0393

細男(せいのう)
真ん中の 社に 若宮さんをお祭りしています。

DSC_0398

神楽式
「シテの翁と三番目三が白の狩衣(浄衣)に白の大口をはき、面はつけずに舞う」
とのこと。

DSC_0403

ここからが 舞楽

まずは 振鉾三節(えんぶさんせつ)

DSC_0443
萬歳楽(まんざいらく)


DSC_0458

延喜楽(えんぎらく)

DSC_0508

賀殿(かてん)

DSC_0571

地久(ちきゅう)

DSC_0592

和舞(やまとまい)

DSC_0831


納曽利(なそり)  昼の競馬で 右が勝ったので、納曽利(なそり)から。

DSC_0764

蘭陵王(らんりょうおう)

DSC_0857

散手(さんじゅ)

DSC_0933

貴徳(きとく)

DSC_0994

抜頭(ばとう)

DSC_0634

落蹲(らくそん)

ここでだいたい 10時半 

その後 11時頃 還幸の儀(かんこうのぎ)と言って、真っ暗の中、松明を先頭に道楽をして、若宮さまが お帰りになります。
17日 深夜0時から17日24時の前にお帰りになります。
その時に50人くらいの神官が「オー オー」という 警蹕をする。 真っ暗闇に 響き渡る その音に 古来からの神事を体験できます。

席には暖かい炭を置いてくれるが、撮影ポイントはないので、体の芯から冷え切りました。

天理大学雅楽部の佐藤先生宅に泊めてもらったので、お風呂に入れてよかったですが、ほんと冷えました。

そのなかで 楽人さん 長丁場 ごくろうさまでした。

追記: 寮美千子さんによる 春日若宮おん祭つぶやきまとめ

日本雅楽会 49回演奏会

昨日 国立小劇場で 雅楽の撮影に行ってきました。

日本雅楽会 第49回定期演奏会~平城京に響きし林邑楽~


日本雅楽会は 昭和37年 創立の 戦後 民間雅楽団体の草分け的団体で、うちの薗広教先生が道友会を作る前に 所属していた団体です。
実は うちの母も右舞を舞ったことのあると 聞いています。



DSC_2134

まずは管絃 
壱越調 迦陵頻急 酒胡子 胡飲酒破 

バックに ほとんどの出演者が競演する 管絃で ちょっと新鮮。

DSC_7310

左舞 還城楽

DSC_2078

右舞 狛桙 

DSC_7152

右舞 抜頭

14時 18時半と 2回公演でした。
やはり 2回目の方が 安定していましたね。

狛桙の舞人以外は 舞人も音頭も 昼と夜で担当者が変わります。
100名以上の会員があるから なせる技か!?

でも 急病で 休んでも 安心できますね。ダブルキャストは!!

来年は50周年ですね。また行きたいです。

10/31雅楽翠篁会第八回演奏会 「第二回舞楽会」


10月31日 なら100年会館にて、遷都1300年祭記念雅楽翠篁会第八回演奏会 「第二回舞楽会(ぶがくえ)」を撮影してきました。

今回は舞楽会ということで、宮本卯之助商店の大太鼓をレンタル。
100年会館の大ホールの舞台は客席側に飛び出しているので、大太鼓を入れると、すごく綺麗な舞台になりました。
ちなみに第一回舞楽会は五年前。

DSC_1347
まずは 清めの意味で 「振鉾三節」 
左方は 当会会長の東儀俊美先生、 右方は 賛助出演
宮内庁元主席楽長 豊 英秋先生と超一流です。

DSC_5627

次に左舞「迦陵頻」 
こちらは 今年から 子ども達が練習しての初舞台。
演奏も翠篁会の雅楽教室生「遊雅」による演奏。

なんといっても 大太鼓の地響きのような音と、その大太鼓をバックに子ども達が飛ぶ姿は絵になりますね!!

DSC_1390
次に 「迦陵頻」 のつがい舞 右方「胡蝶」

こちらも「遊雅」の演奏

DSC_1408
つづいて 左舞「万歳楽」 
こちらから ベストメンバーによる演奏です。
7曲もの舞楽の演奏を暗譜なので、けっこう大変だったようですね。

DSC_1431
次の演奏は 「万歳楽」 のつがい舞 右舞「延喜楽」
ここで 15分の休憩。やる方も大変ですが、見る方も 長丁場で大変!?


DSC_1497
まずは走り舞 左舞「散手」

DSC_1526

そしてそのつがい舞 右舞「貴徳」 
舞人は
宮内庁元主席楽長 豊  英秋先生
さすが 優雅に舞われます。
今度の11/4 伊東でも 貴徳を舞われるそうです。

DSC_1571

最後は 東儀俊美会長の神楽「早韓神」
純和風な 神楽に 大太鼓がちょっと不釣り合いですが、それでも東儀俊美先生の優雅な舞いはすばらしかった。
先生の舞っている時の目の真剣さ すごいです。
81歳の高齢のため もしかすると もう舞っている姿は見られないかと思うと、感慨深いものがあります。

そして長慶子 左右の大太鼓が両方 打ち鳴らす 響きが良いですね。


ほんと良い演奏会でした。

10/28 日本橋三越本店 伊勢神宮展 舞楽

今日まで 日本橋三越本店で「伊勢神宮展」が開催されていました。
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/ise/

本日最終日
DSC_4965

「遷宮に奉仕して」 東儀 俊美先生(日本芸術院会員・重要無形文化財保持者)

特に 秘伝中の秘伝 秘曲について なかなか面白かった。
雅楽も一子相伝でいろいろその家にしか伝わらない秘曲もあるが、宮内庁式部職楽部の先生でも、めったにお目にかかれない、譜面がある。
それは 天皇家の宝物殿に 厳重に管理されている、秘曲の譜面。
東儀先生も 「戦後直後の儀式」と、「伊勢神宮式年遷宮」、「天皇即位の儀」だけしか やったことがないそうです。
その儀式に預かる楽師が、一週間前にその秘曲の譜面を見れる。そして儀式が終わると、その譜面に署名をして、また皇室の宝物殿へお返しをする。

いろいろ一般人では知り得ない 秘儀が 千年以上も 行われているのでしょうね。

身近な先生ですが、改めて 凄い先生だなと 見直しました。
ちょっとマイクが遠かったかな。

DSC_4973

その後 雅楽道友会の演奏。
管弦 壱越調音取・酒胡子・胡飲酒破
管絃2管立てで 会場と相まって いいハーモニーでした。
会場も狭かったですが、身動きできないくらい 人が多くて撮影には苦労しました

DSC_0951

その後舞楽
舞楽 還城楽
けっこうよくする 演目なので 三管がよくあって 舞も完璧でしたね。
DSC_1029

狭いながらも よく舞っていました。

お疲れ様でした。

天理大学雅楽部 42回定期公演

DSC_4619

10月25日 本拠地 天理の市民会館で 42回定期演奏会を撮影してきました。
http://gagaku.biz/tenri/2007-teikikouenn.html
テーマ「相思千九年・源氏物語? ~若菜の巻より~」
去年くらいからそろそろ 源氏物語も終わりかな!?と思われながら、今年もおなじみの紫式部さんの軽い笑いを誘う 進行係により 始まりました。

天理のオーディエンスには もうおなじみなので、リラックスした雰囲気を醸しつつ 千年前にタイムスリップ?されられます。

DSC_4557


伎楽 カルラ 作物を食い荒らす、害鳥だったら、毘沙門天(太孤父)によって、戒められた。

DSC_4610

毘沙門天より 黄色の帯をまとうことによって、毘沙門天の使いとなり、仏法守護八部衆の一つにも数えられる霊鳥となった。

農民にも害虫を食べ、助ける霊鳥となった。

DSC_0799

管絃 皇じょう急 陪臚
伽藍での演奏を 模しているのか!? 配置が面白い。
音頭の龍笛奏者もお坊さんだし。

DSC_0809

謡物 催馬楽   我家 

DSC_4736

休憩をはさんで 舞楽 高麗壱越調   落蹲

納曽利 と言った方がわかりやすいが、 源氏物語では「落蹲」という。南都楽所でも同様。
なかなか息があってよかった。

DSC_4798

最後は太食調   賀王恩(かのうおん)
源氏物語には 出てくるが、現在は絶えた舞。
賀王恩の三管譜は 四天王寺楽所より お借りしての 試作複舞である。

DSC_4825


全体的は まだまだ 練習不足な点は多々あったが、まあ初演にしてはまあまあでしょうか!?
まあ 依頼演奏が毎週あり、海外公演もあったことを考えれば たいしたものか!?

今後の静岡(11年2/19)、東京(3/5)大阪(3/19)での演奏に期待したい。

Twitter
記事検索
livedoor プロフィール
facebook
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ