gagaku.biz

雅楽・伎楽の写真blog

2010年12月

12/17 春日若宮おん祭り

12月17日 毎年恒例になっている 春日若宮おん祭りへ行ってきました。

今年で 875回目の 文化財指定古典芸能で すばらしい神事です。

お渡り式には1千人の大行列があったそうな 朝日新聞
関西電力の社長とかも 装束を着て 参加したそうです。 電気新聞

とくに 御旅所祭が お目当ての 舞楽を やってくれます。

15時くらいより 巫女舞がまわれていますが、一般の見学者は 御旅所には入れません。
16時頃 ようやく おん祭り保存会の会員は席を用意されています。
それ以外は 入り口のところで 立ちんぼ。 最後まで見るには結構辛いです。
保存会は 3000円なので、来年行かれる方は 入会された方がいいでしょう。

DSC_0378

童子が東遊 「駿河舞」と「求子舞」の二曲を舞う。

DSC_0380

おん祭り 当初から 舞われていた 田楽

DSC_0393

細男(せいのう)
真ん中の 社に 若宮さんをお祭りしています。

DSC_0398

神楽式
「シテの翁と三番目三が白の狩衣(浄衣)に白の大口をはき、面はつけずに舞う」
とのこと。

DSC_0403

ここからが 舞楽

まずは 振鉾三節(えんぶさんせつ)

DSC_0443
萬歳楽(まんざいらく)


DSC_0458

延喜楽(えんぎらく)

DSC_0508

賀殿(かてん)

DSC_0571

地久(ちきゅう)

DSC_0592

和舞(やまとまい)

DSC_0831


納曽利(なそり)  昼の競馬で 右が勝ったので、納曽利(なそり)から。

DSC_0764

蘭陵王(らんりょうおう)

DSC_0857

散手(さんじゅ)

DSC_0933

貴徳(きとく)

DSC_0994

抜頭(ばとう)

DSC_0634

落蹲(らくそん)

ここでだいたい 10時半 

その後 11時頃 還幸の儀(かんこうのぎ)と言って、真っ暗の中、松明を先頭に道楽をして、若宮さまが お帰りになります。
17日 深夜0時から17日24時の前にお帰りになります。
その時に50人くらいの神官が「オー オー」という 警蹕をする。 真っ暗闇に 響き渡る その音に 古来からの神事を体験できます。

席には暖かい炭を置いてくれるが、撮影ポイントはないので、体の芯から冷え切りました。

天理大学雅楽部の佐藤先生宅に泊めてもらったので、お風呂に入れてよかったですが、ほんと冷えました。

そのなかで 楽人さん 長丁場 ごくろうさまでした。

追記: 寮美千子さんによる 春日若宮おん祭つぶやきまとめ

東儀俊美 半寿の楽舞 DVD発売予告

6/10に行われた雅楽道友会 第2回 演奏会 のDVDを現在制作中だそうです。 その予告編がUPされました。



今から楽しみです。

特に 録音にこだわっています。
youtubeでは よくわかりませんが、大太鼓の演奏会をここまで バランスを取りながら、臨場感が出た 雅楽のDVDは いままでなかったの では!?

11/27桑名六華苑 舞楽会 1日目

前日より 桑名入りして、多度雅楽会の 桑名六華苑で行われる、秋の舞楽会を撮影してきました。
すばらしいお天気に恵まれ、最高の舞台でした。
多度雅楽会は2000年に誕生した、若い団体ですが、精力的に 活動している団体です。
演奏もまだ発展途上ですが、若い力で頑張っています。

舞楽会自体は無料ですが、六華苑の入場料が300円かかります。

今回も 宮本卯之助商店の大太鼓をレンタル。 経費を含めると約100万円以上かかる 大太鼓を借りての日本庭園での演奏会は なかなか民間では珍しい。
でも毎年大変なようです。 協賛も募集中


DSC_6108
朝9時過ぎより まずは 「振鉾三節」
その後 土日なので、この舞台を利用しての結婚式。
DSC_8075
結婚式の披露舞 納曽利
DSC_6200
コンドル設計の洋館をバックに 子ども達の迦陵頻
DSC_8163
還城楽
DSC_8339
胡飲酒
DSC_6261
陪臚

ここまでで 午前部 終了

午後は13時よりの予定が、なかなか始まらず。

午後一番は 源氏物語の「紅葉の賀」で有名な 青海波一具

10名の舞人が装束を着けて舞台に登場する、大輪があるので、すべての着付けが手間取ったようです。
DSC_6380
青海波一具の輪台  右に座っているのが、白浜。 左が 青海波。
DSC_8558
青海波
DSC_6462
白浜
DSC_6488
安摩二の舞  
同じような過ちすることを「二の舞を踏む」という語源で、上の安摩のまねをしているが、なかなかうまく舞えない。
DSC_8777
二の舞
DSC_8846
抜頭

ここで 16時すぎ。
本来なら 蘇莫者と 長慶子があるのだが、閉館が17時なので、ここまでで 本日は終了。

蘇莫者が見られないのと、長慶子の両方の大太鼓が聞けないのは残念ですが、明日もあります。

<つづく>



Twitter
記事検索
livedoor プロフィール
facebook
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ