gagaku.biz

雅楽・伎楽の写真blog

2010年10月

10/28 日本橋三越本店 伊勢神宮展 舞楽

今日まで 日本橋三越本店で「伊勢神宮展」が開催されていました。
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/ise/

本日最終日
DSC_4965

「遷宮に奉仕して」 東儀 俊美先生(日本芸術院会員・重要無形文化財保持者)

特に 秘伝中の秘伝 秘曲について なかなか面白かった。
雅楽も一子相伝でいろいろその家にしか伝わらない秘曲もあるが、宮内庁式部職楽部の先生でも、めったにお目にかかれない、譜面がある。
それは 天皇家の宝物殿に 厳重に管理されている、秘曲の譜面。
東儀先生も 「戦後直後の儀式」と、「伊勢神宮式年遷宮」、「天皇即位の儀」だけしか やったことがないそうです。
その儀式に預かる楽師が、一週間前にその秘曲の譜面を見れる。そして儀式が終わると、その譜面に署名をして、また皇室の宝物殿へお返しをする。

いろいろ一般人では知り得ない 秘儀が 千年以上も 行われているのでしょうね。

身近な先生ですが、改めて 凄い先生だなと 見直しました。
ちょっとマイクが遠かったかな。

DSC_4973

その後 雅楽道友会の演奏。
管弦 壱越調音取・酒胡子・胡飲酒破
管絃2管立てで 会場と相まって いいハーモニーでした。
会場も狭かったですが、身動きできないくらい 人が多くて撮影には苦労しました

DSC_0951

その後舞楽
舞楽 還城楽
けっこうよくする 演目なので 三管がよくあって 舞も完璧でしたね。
DSC_1029

狭いながらも よく舞っていました。

お疲れ様でした。

天理大学雅楽部 42回定期公演

DSC_4619

10月25日 本拠地 天理の市民会館で 42回定期演奏会を撮影してきました。
http://gagaku.biz/tenri/2007-teikikouenn.html
テーマ「相思千九年・源氏物語? ~若菜の巻より~」
去年くらいからそろそろ 源氏物語も終わりかな!?と思われながら、今年もおなじみの紫式部さんの軽い笑いを誘う 進行係により 始まりました。

天理のオーディエンスには もうおなじみなので、リラックスした雰囲気を醸しつつ 千年前にタイムスリップ?されられます。

DSC_4557


伎楽 カルラ 作物を食い荒らす、害鳥だったら、毘沙門天(太孤父)によって、戒められた。

DSC_4610

毘沙門天より 黄色の帯をまとうことによって、毘沙門天の使いとなり、仏法守護八部衆の一つにも数えられる霊鳥となった。

農民にも害虫を食べ、助ける霊鳥となった。

DSC_0799

管絃 皇じょう急 陪臚
伽藍での演奏を 模しているのか!? 配置が面白い。
音頭の龍笛奏者もお坊さんだし。

DSC_0809

謡物 催馬楽   我家 

DSC_4736

休憩をはさんで 舞楽 高麗壱越調   落蹲

納曽利 と言った方がわかりやすいが、 源氏物語では「落蹲」という。南都楽所でも同様。
なかなか息があってよかった。

DSC_4798

最後は太食調   賀王恩(かのうおん)
源氏物語には 出てくるが、現在は絶えた舞。
賀王恩の三管譜は 四天王寺楽所より お借りしての 試作複舞である。

DSC_4825


全体的は まだまだ 練習不足な点は多々あったが、まあ初演にしてはまあまあでしょうか!?
まあ 依頼演奏が毎週あり、海外公演もあったことを考えれば たいしたものか!?

今後の静岡(11年2/19)、東京(3/5)大阪(3/19)での演奏に期待したい。

36回 乃木神社 管絃祭

DSC_4260

10月13日 六本木の乃木神社で 36回 管絃祭が 行われました。

開始 1時間前くらいから 雨が落ちてきて、ちょっと心配しましたが、開演ごろには あがったようです。

DSC_4237_01

無料と言うこともあって(奉納なので) 年々 お客様も増えてきました。
開演直前には 並んでお待ちいただいたようです。

席自体は 250席しかないので、 その後ろに 立ち見がずらーと並んでいました。
400名から500名くらい 来られたのでは!?

DSC_0725
まずは 催馬楽 席田  謡物ですね。
管絃 双調 柳花苑 武徳楽 

休憩をはさんで 舞楽

DSC_4331

舞楽 左方 萬歳楽 
DSC_4318


DSC_0754_01

右方 還城楽
DSC_4382


トカイの森の社で 行われた 幽玄の世界 
十分堪能しました。

来年も10月13日です。

ちなみに演奏は 雅楽道友会でして、
10月28日  日本橋三越本店 伊勢神宮展に 管絃、舞楽を披露します。


10/13雅楽道友会 管絃祭 in乃木神社

a4-2010out

このポスターの写真を提供しました。

とても幻想的な場所での演奏会なので、お時間のある方はお越しください。
DSC_0354_001


場所は六本木の 乃木神社の社殿で 行われる 管絃祭です。

トカイの真ん中ですが、森に囲われた 社殿で 夜は 薄明かりの 松明(+照明もすこし)の中での演奏です。 

DSC_3903_001

奉納なので 基本 無料の演奏会です。
そのため 早く来ないと 参拝所に 入れないかも。

雅楽道友会WEB

【演目】
管絃 双調
催馬楽 席田
柳花苑 武徳楽

舞楽
左方 萬歳楽
右方 還城楽

開場:午後5時30分 開演:午後6時 入場無料 雨天決行
場所:東京メトロ千代田線『乃木坂』駅一番出口 徒歩1分

お問合せは乃木神社 03-3478-3001へ

10/3アジア音楽祭2010で伎楽

本日 文教シビックセンター大ホールにて、アジア音楽祭http://www.bh-project.jp/festival/jpn/event/data/asia_music2010 薬師寺玄奘会 伎楽「三蔵法師 求法の旅」が行われました。

DSC_3800
まずは 薬師寺  山田 法胤管主が  三蔵法師の地球1周にも相当する4万キロの旅のことや、なぜ薬師寺で伎楽をやるようになったか?を説明。

DSC_3846

三蔵法師が数々の苦難を乗り越える物語だが、獅子との死闘は見所。

DSC_0457














劇中舞楽として 太平楽があるのは 豪華ですね。
三蔵さんも大満足!?

DSC_0503

今回も新派の名女優 2代目水谷八重子さん
http://www.shochiku.co.jp/shinpa/actors/yaeko/

1996年、2002年、2004年と薬師寺の三蔵役をこなしているだけに、すばらしい演技でした。

薬師寺 歴代の三蔵役は
http://gigaku.info/yakusiji/index.html
Twitter
記事検索
livedoor プロフィール
facebook
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ