gagaku.biz

雅楽・伎楽の写真blog

日本雅楽会 49回演奏会

昨日 国立小劇場で 雅楽の撮影に行ってきました。

日本雅楽会 第49回定期演奏会~平城京に響きし林邑楽~


日本雅楽会は 昭和37年 創立の 戦後 民間雅楽団体の草分け的団体で、うちの薗広教先生が道友会を作る前に 所属していた団体です。
実は うちの母も右舞を舞ったことのあると 聞いています。



DSC_2134

まずは管絃 
壱越調 迦陵頻急 酒胡子 胡飲酒破 

バックに ほとんどの出演者が競演する 管絃で ちょっと新鮮。

DSC_7310

左舞 還城楽

DSC_2078

右舞 狛桙 

DSC_7152

右舞 抜頭

14時 18時半と 2回公演でした。
やはり 2回目の方が 安定していましたね。

狛桙の舞人以外は 舞人も音頭も 昼と夜で担当者が変わります。
100名以上の会員があるから なせる技か!?

でも 急病で 休んでも 安心できますね。ダブルキャストは!!

来年は50周年ですね。また行きたいです。

11/17日本雅楽会 第49回定期演奏会

11月17日 日本雅楽会の「第49回定期演奏会~平城京に響きし林邑楽~」が国立小劇場で行われます。

撮影しに行きます。

日時      平成22年11月17日(水) 昼の部14:00開演 夜の部18:30開演
会場     国立劇場小劇場
演目     第一部 管絃 壱越調 音取・迦陵頻急・酒胡子・胡飲酒破
第二部 舞楽 還城楽(左)・狛桙・抜頭(右)
入場料     指定席¥4,000 自由席¥3,000
当日券     昼の部12時半より、夜の部5時より小劇場受付にて販売いたします。

詳細は こちらの WEB をご覧下さい。

10/31雅楽翠篁会第八回演奏会 「第二回舞楽会」


10月31日 なら100年会館にて、遷都1300年祭記念雅楽翠篁会第八回演奏会 「第二回舞楽会(ぶがくえ)」を撮影してきました。

今回は舞楽会ということで、宮本卯之助商店の大太鼓をレンタル。
100年会館の大ホールの舞台は客席側に飛び出しているので、大太鼓を入れると、すごく綺麗な舞台になりました。
ちなみに第一回舞楽会は五年前。

DSC_1347
まずは 清めの意味で 「振鉾三節」 
左方は 当会会長の東儀俊美先生、 右方は 賛助出演
宮内庁元主席楽長 豊 英秋先生と超一流です。

DSC_5627

次に左舞「迦陵頻」 
こちらは 今年から 子ども達が練習しての初舞台。
演奏も翠篁会の雅楽教室生「遊雅」による演奏。

なんといっても 大太鼓の地響きのような音と、その大太鼓をバックに子ども達が飛ぶ姿は絵になりますね!!

DSC_1390
次に 「迦陵頻」 のつがい舞 右方「胡蝶」

こちらも「遊雅」の演奏

DSC_1408
つづいて 左舞「万歳楽」 
こちらから ベストメンバーによる演奏です。
7曲もの舞楽の演奏を暗譜なので、けっこう大変だったようですね。

DSC_1431
次の演奏は 「万歳楽」 のつがい舞 右舞「延喜楽」
ここで 15分の休憩。やる方も大変ですが、見る方も 長丁場で大変!?


DSC_1497
まずは走り舞 左舞「散手」

DSC_1526

そしてそのつがい舞 右舞「貴徳」 
舞人は
宮内庁元主席楽長 豊  英秋先生
さすが 優雅に舞われます。
今度の11/4 伊東でも 貴徳を舞われるそうです。

DSC_1571

最後は 東儀俊美会長の神楽「早韓神」
純和風な 神楽に 大太鼓がちょっと不釣り合いですが、それでも東儀俊美先生の優雅な舞いはすばらしかった。
先生の舞っている時の目の真剣さ すごいです。
81歳の高齢のため もしかすると もう舞っている姿は見られないかと思うと、感慨深いものがあります。

そして長慶子 左右の大太鼓が両方 打ち鳴らす 響きが良いですね。


ほんと良い演奏会でした。

Twitter
記事検索
livedoor プロフィール
facebook
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ