gagaku.biz

雅楽・伎楽の写真blog

10/25 天理大学雅楽部 43回天理公演

10/25 教校学園のあと すぐに天理市民会館へ。

天理大学雅楽部 43回天理公演の撮影に。

テーマは 「想思千十年・源氏物語ⅩⅠ」~須磨・明石の巻より~

源氏物語も 11年目 紫式部のご案内も もうおなじみですね。

DSC_9309

まずはおなじみ 伎楽 
今回は「太孤父・太孤児」


DSC_6824_01

管絃は盤渉調 竹林楽、蘇莫者破

須磨・明石の巻は 光源氏の苦難の物語
真ん中の 琴(きん)を弾くのが源氏
須磨に流れて、都の華やかな管絃を思い起こし、琴を弾くという設定

七絃琴は 特に響かないので 形だけのようでした。
竹林楽なので 竹が舞台袖に。


DSC_6827_01

謡物:飛鳥井 は 再興したものの初演

DSC_9450

舞楽:   右方:延喜楽


DSC_6860

左方:散手
入場の時、ドライアイスはなかなかかっこいい!!


DSC_9514

海外公演が夏に2つもあり、演奏はところどころ練習不足も点もあったけれど、大阪、東京と熟成して、もっとすばらしい舞台を作り上げてもらいたいですね。


10/25天理教校学園高校雅楽部 演奏会

DSC_6803

10/25 天大雅楽部の演奏会の前に天理教校学園高校雅楽部の演奏会「秋雅楽祭174」(あきのうたまつり)を撮影してきました。
10月23、24,25日と3公演、開場は学校の講堂なので、ライティングはあまりよくないけれど、自作の大太鼓、大鉦鼓がすばらしいです。

こちは張りぼてではなく、ティンパニーのフイルムで出来た大太鼓ですが、けっこういい感じに鳴っていますね。

ちなみに無料で 卒業生とか生徒の父兄が多い感じでした。25日は200名くらいのお客さんかな。

DSC_9213

演目は
管絃が黄鐘調の拾翠楽
謡物は催馬楽の更衣 (遅れていったので ここまでは聞けず)
右方の舞楽は、高麗楽の綾切
部員の創作管絃は、「虹」
左方の舞楽は管絃舞楽の青海波

もともと おやさと高校と 附属高校が合併して、部員もすごく多くて 100人ほど。
高校といえども、マーチングバンドは全国優勝するくらい、音楽に力を入れているので、雅楽でも高校日本一の実力だし、人数を生かして、装束制作など、いろいろなことに挑戦してますね。

演奏も なかなかのもの。若さの勢いがあって いい雰囲気でした。

最近天理大学雅楽部は 30数名しかいない現状では、なかなか舞楽装束の作成など手が回らないし、人数が少ないと競争がないので、演奏もちょっと落ち目なので、100名の部員はすごくうらやましいでしょうね。

DSC_9152

DSC_9141






10/13乃木神社管絃祭

DSC_6519

昨日13日 恒例の第37回 乃木神社管絃祭を撮影してきました。
昔は出演者でもあったのですが...

DSC_6550

今回はいつもと違って、人 長 舞の其 駒の奉納。

神様に向かっての舞われます。


DSC_6559

管絃は黄鐘調音取 海青楽 越殿楽

DSC_6567

いすは200席くらいはありますが、17時半の開場でほぼ埋まります。
立ち見を含めると 350名くらいか。

DSC_6583

舞楽は 左方「青海波」

暗い社殿に きらびやかな衣装は映えます。

演奏も ところどころ ??というところもありますが、やっぱり安定している。

DSC_6665

右方「八仙」

満月の中、すばらしい舞台でした。

来年は 御祭神百年祭なので、管絃祭も10/13ではなく、9/20になるそうです。
今からカレンダーに予約しておこう。




Twitter
記事検索
livedoor プロフィール
facebook
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ